★NEWクラス★ ストレスマネジメント《ヨーガ療法》

2月からスタートした《ヨーガ療法》クラスについてのご説明とご案内です。

どんなクラス?

ヨーガとは、《心の働き(思考)を止滅する事》。これはヨガの大目的を記した有名な一句。

その本来のヨーガの教えに基づき、アーサナ(ポーズ)の形にとらわれたり、修正を加える事が一切無く、主に呼吸に意識を向けて緩やかに筋力維持や向上を行います。

ご自身のペースでゆっくりと行います。

ストレスを感じやすい、寝ても疲れが取れにくい、慢性的な疲労を抱えている、呼吸が浅い、体力の衰えを感じている、健康を維持したいなど、どなたでも幅広くご参加いただけます。

パーソナルレッスンでは、心理テストやダルシャナ(カウンセリング)を行い、アセスメント(見立て)の上、その方に合った個人メニューを作成していきます。

ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士が担当します。

《ヨーガ療法学会ホームページより》

ヨーガ療法は伝統的なヨーガを科学的な研究をもとに、一般の人や、疾患を持つ人でも安全にできるように改良して作られました。

身体機能の回復を図るだけでなく、心の落ち着きや睡眠など精神的な健康を向上させる方法としても効果のある健康法です。

生活習慣の改善・病気の予防・人間関係改善など、日常生活にも応用ができます。

最近では、ストレス性の疾患、生活習慣病、介護予防や心の病にも有効であるとする研究報告が増え、現代医療的治療の補助療法としての効果が期待できるとする研究も増えています。

個人の心身状態に合わせたヨーガ療法個人実習メニュー作成ができる全国1500余名の学会認定ヨーガ療法士たちが全国で活躍しています。


ヨーガ療法士の活動内容

ストレス関連疾患を治療する心療内科や精神科病院で学会認定ヨーガ療法士たちは活動しています。

また不妊治療も含めた産婦人科病院とも連携して活動しています。

更には緩和ケアー病院でもインド五千年の智慧を活用した活動を実施しています。

教育分野では全国の刑務所、少年院でも学会認定ヨーガ療法士たちは活動しています。

また、高齢化社会を迎えた日本社会において、多くの老人施設において筋力強化の為のヨーガ療法指導、認知症クライアントさんたちへのヨーガ療法指導も実施して成果をあげています。

また若年層の多発するうつ病クライアントさんたちにもリワーク施設で活動しています。

また、学校教育現場で問題になっている発達障害の子供達へのヨーガ療法指導も全国で実施されています。

更には薬物・アルコール依存症患者さんたちへの日本国内だけでなく海外でも医療専門家とクライアント双方にヨーガ療法指導と教育を実施しています。